新聞の読み方が変わる!まわしよみ新聞♪


3月28日(金)13時から。ギャラリーカフェ美葉さんにて。

古賀すたいる。初めてのイベント。
西日本新聞の記者さんと一緒に学ぶ、まわしよみ新聞。

2014032901

最初に、藤川より挨拶。
(へんしゅーちょー。は偉くないんで)
なんと、新聞の販売店の方まで応援に来てくれました。
「古賀初」のまわしよみ新聞だったから!?

カフェから生まれたまわしよみ新聞

2014032902

西日本新聞の吉田さん(めっちゃ男前で気さくな方♪)から、
丁寧なレクチャーを受けました。

元々は大阪発祥のまわしよみ新聞。
カフェのマスターとお客さんが、新聞記事の回し読みをしていたところから
生まれたワークショップなんだとか。そういうエピソードがいいですね。

なんと、吉田さん、毎朝、近くのカフェでまわしよみ新聞をしているそうです。
朝から楽しくて、脳が活性化されそうな気がいたします。

考えるより手を動かそう

2014032903

3人ずつのグループに分かれて、
グループ毎に新聞を作ります。

まずは20分間。
新聞をじっくり読みながら、気になる記事を探します。
カニを食べる時より無言です(笑)

2014032904

気になる記事を3つ以上切り抜きます。
悩みますが、とりあえず迷ったら切り抜いておきます。
後から厳選すればよいのです。

そして。プレゼンタイム!
簡単な自己紹介をしつつ、気になった記事を一人ずつ1記事ずつ
紹介しあっていきます。
1記事紹介しあったら、次の人へバトンタッチ。これはいいですね。
最後まで緊張感が解けませんし。

古賀には昔、漁港があったんだけど、漁協権を売っちゃった!という話を
教えてもらったりと、脱線の話が面白かったりー。
漁港があったら、古賀もちょっと違ったかもしれないですね。
海の幸って強いし。

さてさて、あまりに真剣に作っていたので編集風景がありません(笑)
四つ切の画用紙に、切り抜いた記事を、レイアウトしていきます。
全ての記事を貼ることはできないので、厳選していったり、
テーマを絞ったり。この過程をみんなで悩むのがまた楽しい。

みんなで作った本日のトップニュース

2014032905

イラストを描いたり、コメントをつけたりして華やかに。
タイトルには

「まわしよみ新聞 ギャラリーカフェ美葉局 2014/03/28」

という風に、開催場所+「局」と日時を書くのがポイントだそうです
出来上がった新聞を見せ合うと・・・同じ新聞を読んでいながら
着眼点が全くちがーう!これは、面白い。

多分、毎日やっても飽きないでしょうね。
お1人様でもやりたいくらい(笑)

2014032906

そして、なんでその記事を選んだかを、プレゼン。
とても興味深いので、おしゃべり盛り上がります。

2014032907

最後はみんなで記念撮影しましたー。

いろんな新聞を持ち寄って作る、ということもできるそうです。
これはこれで、楽しいみたいですが、やはり同じ新聞を読んで
全く違う新聞が出来上がる、というのが面白いのでは?という話に共感。

ということで、西日本新聞、これからも読みます♪

お世話になったカフェ

2014032908

ギャラリーカフェ美葉

おいしい珈琲を出してくださり、素敵な場所を提供してくださった
ギャラリーカフェ美葉の、オーナーさんありがとうございました。

古賀市花見東7-14-1

大きな地図で見る

(Visited 16 times, 1 visits today)

【記事を書いた人】
初代編集長 戸田 ハイパーローカルメディア古賀すたいるの編集長をやってます。 古賀に特化した、古賀の人の役立つ情報を発信しながら、 市外の方にも、古賀の魅力を伝えて、しってもらいたいと思ってます。 読書会、手帳カフェ、まわしよみ新聞を定期的に開催してリアルとも つながる、場づくりを実験中。大阪出身、古賀歴4年目。 小学校4年生のムスメと、年中さんのムスコがいます。 【趣味】読書。有川浩から紫式部まで。ライフハック系までなんでも読みます。 【好きな言葉】出会いは偶然、恋は必然。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です