わくわくサロンを春夏秋冬快適にプロジェクト【クラウドファンディングにチャレンジ】

読者の皆様、「クラウドファンディング」ってご存知でしょうか?
ものすごーーく、ものすごーく簡単にご説明をいたしますと、
自分が応援する団体やプロジェクトに、インターネットを使って寄付をする、ということなんです。

古賀すたいるの編集長も、1度だけ、クラウドファンディングで寄付をしたことがございます。

001

そう、それは、まわしよみ新聞のススメという本を、まわしよみ新聞のお父さん、陸奥さんが出版したい!ということで、応援しました。
まわしよみ新聞、大好きですからねー!そりゃ応援しますよ。
大阪生まれの福岡育ちのまわしよみ新聞ですから。
その本には古賀すたいるの文字もあるので、探してね!(ちょっとうれしいタニマチ気分)

わくわくサロンでもやってみよう!

古賀すたいるも、そういうのをチャレンジしてみてもいいよねー
という話が、なんとなく内部であったのですが、様々な市民活動団体・NPO等のサポートをされているアカツキさんが、どうも、そういうセミナーをするみたいだよ、という千鳥足の情報から、チャレンジしてみることにしました。

夜のセミナーということもあり、戸田は泣く泣くいけなかったのですが、わくわくさろんのオーナーのなおさんが行ってくださり、プロジェクトにチャレンジしてみることにしました。

 

目標金額300,000円!

001

春夏秋冬いつでもママが頑張ることができる拠点を作りたい~夏は涼しく、冬は暖かい空調設備を~

ということで、本日より実施しています!
クラウドファンディング!

クラウドファンディングの仕組みとして、もし目標金額に足りなかった場合は、1円ももらえず・・・出資者に返金となります。

現在、親子連れでも、親も子も楽しめる、わくわくサロンは、年に3回の開催です。

さくらまつり、夏まつり、ハロウィンパーティー。

気候がよく、暑くも寒くもない時期に開催しています。
場所はあるのに、できない理由は、暑さと寒さの対策ができないためです。
空き店舗だった期間がながく、空調が効かない状態。
いつでも、心地よく、老若男女が楽しめるよう、空調機材を1台でもいれて、
快適な空間にすれば毎月の開催もかなうかも!?

貸しスペースとしても、もう少しPRもでき、収益にプラスになるのでは?という想いもあったり。

ぜひ、ご支援をお待ちしております!

【記事を書いた人】
初代編集長 戸田 ハイパーローカルメディア古賀すたいるの編集長をやってます。 古賀に特化した、古賀の人の役立つ情報を発信しながら、 市外の方にも、古賀の魅力を伝えて、しってもらいたいと思ってます。 読書会、手帳カフェ、まわしよみ新聞を定期的に開催してリアルとも つながる、場づくりを実験中。大阪出身、古賀歴4年目。 小学校4年生のムスメと、年中さんのムスコがいます。 【趣味】読書。有川浩から紫式部まで。ライフハック系までなんでも読みます。 【好きな言葉】出会いは偶然、恋は必然。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください