筵内にある熊野神社。250段の石段。


2014010501

筵内にある熊野神社。
山岳信仰の流れでしょうか。
ただ、和歌山の熊野とはあまり関係はないみたいです。

2014010502

天安5年(1448年)。足利義政の頃にこちらに移されたそうです。
明治5年11月3日に「村社」になったとのこと。

伊邪那美命(いざなみのみこと)、饒速日命(にぎはやひのみこと)が
祀られているそうです。
日本の神様は、読むのも難しいし、人間関係が難しいので
わかりやすい古事記の小説でもないかしら。

2014010504

さて、本殿の前に、そびえる250段の石段。
でも、きちんと整形された石段なので、のぼりやすいですよね。
森の空気がおいしい!
何も考えられなくなるので参拝前には、いいのかもしれないなー。

2014010504

そして本殿。ひっそりとしていました。
宮司さんらしき人はおられず。

社殿の中には黒駒の絵馬等が鎮座されているらしいのですが、
外からは見えませんでした。残念。

2014010505

社殿の奥には、木造の阿弥陀如来坐像が。
こちらも、外からは見えませんでした。残念。
古賀市の文化財指定だそうです。

2014010506

石段からみた風景。
ここが、市街地から車で10分くらいって、しんじられなーい。
本当にのどか!

所在地

福岡県古賀市大字筵内1575

古賀すたいる おすすめイベント


【記事を書いた人】
初代編集長 戸田 ハイパーローカルメディア古賀すたいるの編集長をやってます。 古賀に特化した、古賀の人の役立つ情報を発信しながら、 市外の方にも、古賀の魅力を伝えて、しってもらいたいと思ってます。 読書会、手帳カフェ、まわしよみ新聞を定期的に開催してリアルとも つながる、場づくりを実験中。大阪出身、古賀歴4年目。 小学校4年生のムスメと、年中さんのムスコがいます。 【趣味】読書。有川浩から紫式部まで。ライフハック系までなんでも読みます。 【好きな言葉】出会いは偶然、恋は必然。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です