2018年11月は「せんきょ割」を通して古賀の街を知ろう!まずは協力してくださるお店募集中!


古賀市の人口は約5万8千人。
それは住民票があるという意味での定住人口ですが、通勤通学をしている1万2千人の方や、買い物やサービス利用をしに来ている方々や通り過ぎている方も含めると、実にいろんな人が古賀にかかわっています。

そうした公共空間としての古賀市を代表するオシゴトをするのが市長さん。
4年ごとのオシゴトです。

その現在の市長さんの任期は、平成30年12月22日まで。

それに伴って、平成30年11月18日に告示が行われ、11月25日投開票が行われます。

そ・こ・で!

例によって「古賀すたいる」では、この古賀市長選挙を舞台に、ちょっとでもこの古賀市長選挙そして古賀市に興味を持って投票に赴いてくださる市民の方々を増やすための「せんきょ割」を協力店さんとともに取り組みたいと思います!

さっそく募集チラシを作ってみました。

「せんきょ割」の仕組みは、こんな感じです。

有権者の方が実際に投票に行くと、投票所の方が「投票所来所証明書」を発行してくれます。

投票所来所証明書(古賀市選管発行)

これを古賀市内の協力店の方に持っていくと、お店ごとの所定の期間において、ちょっとイイことがあるというものです。そんなちょっとイイことがあるんだったら投票に行きたいな♪と思ってもらえたら、きっかけになっていいなと。

そして、投票に行くからには、古賀のいろいろな課題を見つけて、それを解決してくれそうな候補者さんを選んでもらえたらとも。

ちなみに、時期によっては裏面を見ると「せんきょ割」用に案内が載っていたりします。

投票所来所証明書の裏面

投票をした方について、お一人につき1回づつの特典のご提供をお願いしたいと思います。特典については、お店の心意気としてのごくささやかな内容でかまいません。投票をした方には、お店をハシゴしてもらいますので、めぐりめぐって楽しくなる仕掛けづくりにご協力をお願いします。

過去の協力店の方々はこんな感じです。

協力店の方々のご紹介は、10月下旬または11月上旬にチラシとしてまとめ、市内の全世帯に自治会を通して配布します。特典のご提供こそお店にご負担をお願いしますが、市内の全世帯に「選挙啓発にご協力いただいているお店」としてご紹介させていただきますので、お店の活動を通した社会貢献・地域活性化に取り組むお店としてのPRにつなげていただけたらと思っています。

その他、公職選挙法による制限等がありますので、その点についてはご配慮ください。

西日本新聞さんにも掲載していただきました

と、こうした「せんきょ割」協力店の募集を始めたよと各方面にご案内していましたら、西日本新聞さんが記事にしてくださいました。ありがとうございます!

記事でお話を聞いていただいているのは、トマトラーメンの三味さん
三味さんもご関心をもってくださっており、何かオイシイ企画で協力してくださる方向です。乞うご期待!

トマトラーメン三味さんは、古賀すたいるサポート企業さんです。


【記事を書いた人】
千鳥足 大人の事情で、今のところは顔出せず。 徳島県生まれ・福井県育ち。幼稚園から高校まで古賀にいたあと、茨城とか東京とか長崎とかで過ごしたのちに古賀にUターン。 趣味: 読書。遠藤周作とか吉村昭とか阿川弘之・阿川佐和子とかが好き。 お酒飲むのも大好き。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です