辛さの中に広がるミカンの甘み ~まんま実ーやのチキンカレー~【スマート国勢調査プレゼント企画】


レトルトカレー。

それは、美味しさと香りを袋の中に閉じ込めてしまった魔法の食べ物。

箱から取り出して、袋ごとお湯に浸してあたためるか、おもむろに出してレンジであたためるかをするだけで、部屋の中に漂うスパイシーな香り。

そんなレトルトカレーに、古賀の食材をふんだんにつかった、古賀ならではのものがあります。

DCF00053

古賀界隈の地元野菜をたっぷり使って、古賀特産の山見阪ネーブルのペーストと皮と一緒に煮込み、ヘルシーで爽やかなカレー。その名も「ミカンが入ったチキンカレー」。

DCF00059

この商品開発と販売を行ったのは、地元の農家の女性12人が出資して設立した農村加工所「まんま実(み)〜や」。

代表の船越美治代さんが県の機関にインタビューで語った記事には、設立から現在に至るまでの思いが詰まっています。さらにその思いを料理の調理、そして食材の栽培へと積み重ねていった結果、2015年には第24回食アメニティコンテストで、優秀賞の農林水産省農村振興局賞を受賞するまでに(その報道記事はこちら→(西日本新聞毎日新聞)。

DCF00063

箱を開けると、レトルトパウチされたカレーが姿を現します。これをいよいよお湯に投入!

撮影した動画でドキドキの臨場感をお楽しみください!

DCF00068

説明書にあるとおり、3~5分ほどお湯に浸すと、袋の中がアツアツに。

袋を開いてカレーをご飯の上に載せていきます。カレーの香りがふわりと部屋中に充満していきます…。

DCF00078

なんということでしょう!(←『大改造!!劇的ビフォーアフター』のナレーター・加藤みどりさん風に)

箱を開けてから、なんと10分かからずにカレーが登場!!!
DCF00081

こんなオイシイカレーが食べれるなんて!

気になるお味ですが、この日あけた辛口は、本気で辛いですw ただ、辛さが落ち着くころに口の中に現れる甘さが。古賀の特産品・山見阪ネーブルが、後味としてしっかりとした甘みを届けてくれます。口の中を舞台に、カレーのスパイスと山三阪ネーブル、そしていろいろな野菜たちがステキなドラマを繰り広げます。

こんな素敵なカレーが、国勢調査をネットで回答した古賀市民の方を対象に、抽選でプレゼントします!回答をおわったあなた、ちょっと申し込んでみませんか。

市外の方や、買ってすぐにでも食べたい!という方は、古賀グリーンパークのコスモス広場、JR古賀駅の観光案内所などで購入できます。
詳しくは、農村加工所 まんま実~や(電話:092-692-8938)までどうぞ!

(Visited 3 times, 1 visits today)

【記事を書いた人】
千鳥足 大人の事情で、今のところは顔出せず。 徳島県生まれ・福井県育ち。幼稚園から高校まで古賀にいたあと、茨城とか東京とか長崎とかで過ごしたのちに古賀にUターン。 趣味: 読書。遠藤周作とか吉村昭とか阿川弘之・阿川佐和子とかが好き。 お酒飲むのも大好き。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です