国道3号線「博多バイパス」が3月17日に開通予定。古賀から福岡空港まで、それなりに短縮が見込めるもよう


北九州市と福岡市の間に挟まれている古賀市は、九州自動車道・鹿児島本線・国道3号線・国道495号線と、南北を行きかう人々の動きを支える交通網を支える場所に位置しています。

人と人が行きかう中で、ちょっとした休憩・ちょっとしたお買い物というものが経済波及効果を古賀に生みます。そして、古賀でモノを作ったり荷捌きするようにすると、運びやすいから…ということで、古賀に拠点を持つ事業所さんも増えたりもします。

そんななか、3月17日に福岡市東区の国道3号線の変化が、交通フローに刺激をもたらし、何か古賀に影響をもたらす…かも。もちろん、古賀を出発して福岡市の博多駅や福岡空港に行ったりするような方には、とっても便利なお知らせになりますね。

それは、国道3号線の「博多バイパス」の開通。福岡市東区の下原から多々良までの工事中の未成区間が開通します。また、多々良から松島までの暫定開通扱いの区間も、6車線化が完成とのこと。

国土交通省九州地方整備局・福岡国道事務所プレスリリースより

古賀から南に行く人にとっては「九産大あたりから、香椎や名島・箱崎・呉服町を経ることなく、福岡空港に出ることができる」というものです。

古賀から福岡空港まで行く人にはだいぶ便利になりますね。

また、今まで通り香椎や名島・箱崎・呉服町を経由して博多駅(西側)や天神に行くような方にとっても、下原以南の交通量の分散により、今までよりは「空いている感じ」でドライブができそうです。

古賀のデキゴトではないですが、古賀に暮らす人・古賀で過ごしている方にとって、ちょっと気になりそうな出来事かなー。といいつつも、まずは事故なく、安全に気をつけながら運転しましょうね。

(Visited 190 times, 14 visits today)

【記事を書いた人】
千鳥足 大人の事情で、今のところは顔出せず。 徳島県生まれ・福井県育ち。幼稚園から高校まで古賀にいたあと、茨城とか東京とか長崎とかで過ごしたのちに古賀にUターン。 趣味: 読書。遠藤周作とか吉村昭とか阿川弘之・阿川佐和子とかが好き。 お酒飲むのも大好き。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です