古賀音頭をご存じ?CDもあるよ!


市内各所の地域の行事で流れてくることのある「古賀音頭」。

古賀市がまだ古賀町だった時代、それもおそらくは昭和30~40年代くらいと推測される情景が、歌詞の中に込められているように思えます。

青柳村・小野村・旧古賀町が1町2村による合併を経て新しい「古賀町」が誕生したのが昭和30年。その合併記念か、合併●年記念とかで誕生したのでしょう。

音頭という旋律の中に、暮らしや産業のあらましが折り込まれ、今とは違う、古き良き古賀の魅力をその当時の方法で今に伝えてくれています。

 

作詞:浦田実
作曲:古賀町音頭選定委員会
編曲:山口ひろし、笹岡貞男、古賀町市制施行記念事業実行委員会

お湯の薬王寺 うぐいすないて
山はほんのり 春化粧
古賀はよいとこ たのしいところ
花と緑の ひかるまち
花と緑の ひかるまち

海は玄界 白砂踏めば
潮の香りの 花鶴浜
古賀はよいとこ すみよいところ
夢と若さに のびるまち
夢と若さに のびるまち

みかんたわわに 稲穂はみのり
はずむ心の 放生会
古賀はよいとこ 豊かなところ
明日に向かって ひらくまち
明日に向かって ひらくまち

youtubeにも音源が置かれています。

さて、この古賀音頭はCDも作られています。販売していたのか配布していたのかは定かでありませんが、とあるところで現物を見る機会がありました。

P1000045

媒体は、昔なつかしの8cmCD!
ケースは、下半分がパキッと割れるやつです。

P1000039

カップリング曲(←ってあんまり言わなくなったなー)は花鶴小唄。

P1000044

 

歌う「道本麻矢」さんは、今は「古賀美智子」さんという芸名でご活躍されています。スクールメイツでのご活躍を経て、ソロ歌手として全国各地でコンサートなどで歌声を披露されているそうです。

P1000042

 

CDの発行自体は、平成9年の市制施行を記念したもの。決定が決まった記念なのか、市になってからの記念なのか定かではありませんが、CDの裏面はそのあたりの時期に収められたもの。音源だけではなく、こういう写真も残っていけばいいですね。


【記事を書いた人】
千鳥足 大人の事情で、今のところは顔出せず。 徳島県生まれ・福井県育ち。幼稚園から高校まで古賀にいたあと、茨城とか東京とか長崎とかで過ごしたのちに古賀にUターン。 趣味: 読書。遠藤周作とか吉村昭とか阿川弘之・阿川佐和子とかが好き。 お酒飲むのも大好き。

「古賀音頭をご存じ?CDもあるよ!」への2件のフィードバック

  1.  お尋ねします。施設の夏祭りで古賀音頭を皆で踊ろうと思いますが、踊り方の図表みたいなものはありませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です