古賀市内の女性が、NPO法人を名乗る男性に900万円の架空請求詐欺に!


2014061201

架空請求で900万円詐欺被害 [福岡県]|西日本新聞

粕屋署は10日、古賀市内の女性(77)が架空請求で900万円をだまし取られる詐欺事件があったと発表した。署によると3月下旬、消費生活相談窓口を名乗る男から女性宅に「あなたが機械販売会社に登録されている」と電話があり、紹介されたNPO法人を名乗る男に解除手続きを依頼した。その後、販売会社員を名乗る男から「登録が解除されておらず違法になる。手続きに仮払金が必要だ」などと言われ、4月上旬に宅配便で900万円を送ったという。

NPOとついていると、「非営利団体」というイメージで
なぜか、社会貢献していてクリーンなイメージがついています。
実際に、ほとんどのNPO団体が、社会をよりよくするために
頑張っておられるのに。

こういう、詐欺事件にNPO団体の名前を使われてしまうのが非常に悲しいですね。
宅配便で900万円を送ったみたいですが、
ほとんどの宅配業者は通過は送ってはいけないみたいです。
(参考:クロネコヤマトの宅配利用約款

でも、商品名に「現金」とは書いていなかったとは思いますが。
(書いてたら引き受けないですよね・・・)
とにかく、気を付けてください!

2014061202

架空請求にご用心下さい|古賀市役所

こちらもご参考に!


【記事を書いた人】
初代編集長 戸田 ハイパーローカルメディア古賀すたいるの編集長をやってます。 古賀に特化した、古賀の人の役立つ情報を発信しながら、 市外の方にも、古賀の魅力を伝えて、しってもらいたいと思ってます。 読書会、手帳カフェ、まわしよみ新聞を定期的に開催してリアルとも つながる、場づくりを実験中。大阪出身、古賀歴4年目。 小学校4年生のムスメと、年中さんのムスコがいます。 【趣味】読書。有川浩から紫式部まで。ライフハック系までなんでも読みます。 【好きな言葉】出会いは偶然、恋は必然。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です