サンコスモ古賀で開かれる、冬休み時期ならではの未就学児のための遊び場「わんぱくTime」に行ってきた!


私ごとながら、先日、子どもが無事に1才を迎えまして。

んで、サンコスモ古賀(古賀市保健福祉総合センター)の母子保健・子育て支援関係の職員さんが、「期間限定だけど、12月・1月に、寒くて子どもが外で体動かす機会がないという声が多いので、広い部屋を使って思いっきり遊べるようにしているから、よかったら来てね♪」と声をかけてくださいました。

というわけで、開催日にお邪魔してみたら、これがまた盛況。

「おおむね2才児くらいからの、走り回れる子どもたち向けで考えているけどねっ…」ってことで、あんまりサンコスモ古賀に行ったことがないと言っていた、2才児の子とそのお母さんを誘って行ってきました。

「子どもは風の子」とはいえ、インフルエンザとか風邪とか気になるし、見守る側の親としては寒いし…。かといって、よく考えてみると私たち親世代が子どものときに遊んだ場所は、今となっては減っているし…。

というわけで、市の職員さんや、市が委嘱しているボランティア「子育て支援サポーター」さんのスケジュール、そして、開催場所の大きなお部屋の空きスケジュールを見て、期間限定ながら体制を整えて冬の遊び場を設けてくれたものです。それも、いろいろな遊びと学びの道具を惜しみなく投入して。

もちろん暖房もついてましたよヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノ

遊び方は、いろいろ。

たとえば、マット遊び。ぐーるぐると前転・後転してみたり。

平均台に乗って、バランスとりながら歩いてみたり。

トンネルを、くぐって突破したり。

ほかにも、子どもたちのカラダくらいもある、大きな積み木で遊んでみたり。
折り紙でいろんな作品を作ってみたり。

一緒に行った2才児くんがハマったのは、丸いタイプのトンネル。

たくさんの子どもたちが順番待ちしながら、えいやえいやと行列を作ってチャレンジを繰り返していました。

わずか2m弱ながら、一人でチャレンジする冒険の世界。ドキドキワクワクしながら前に進みます。そして、トンネルの先には、お母さんが!

周りには、子育てサポーターの方々や市の職員さんたちが暖かく見守ってくれています。

まだ幼稚園・保育園には通っていない2才児くんも、他の子どもたちと楽しく遊んで、ちょっと社会性・人間関係の練習になったかな?
いつもとは違う冒険たちが、ちょっとした達成感をプレゼントしてくれています。

お役所関係の施設なので、残念ながら年末年始はお休みですけれど、寒いのに加えて正月休みで身体がなまっちゃったお子さんとお父さんお母さんは、1月10日~12日に思いっきり楽しんでみてはどうでしょう? ※時間帯は確認してね

古賀に実家があって比較的長めに古賀に滞在するようなお子さんとお母さんは楽しんでみてもいいかもですよー。

なお、ここの大きなお部屋(すこやかホール)の向かいにある「でんでんむし」は、通常営業中。なので、0才児~1才児をはじめ、大部屋はちょっと…という方には、いつものとおり「でんでんむし」でお楽しみください。


【記事を書いた人】
千鳥足 大人の事情で、今のところは顔出せず。 徳島県生まれ・福井県育ち。幼稚園から高校まで古賀にいたあと、茨城とか東京とか長崎とかで過ごしたのちに古賀にUターン。 趣味: 読書。遠藤周作とか吉村昭とか阿川弘之・阿川佐和子とかが好き。 お酒飲むのも大好き。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です