【お店みせて】お蕎麦カフェ古民家 こんさい館(薬王寺)


2015年6月にオープンし、たとえばコレなど、いろいろ話題になっているあのお店「こんさい館」にお邪魔してきました!

P1000039

場所は、古賀の奥座敷・薬王寺。

薬王寺公民館と、消防団の拠点の間にある小径を入ります。

長年にわたり紡がれてきた暮らしが集まる場所に、古民家を活かしたカフェが営みを始めています。

P1000036

メニューは、お蕎麦カフェというだけあって、こだわりの「十割そば」が目玉。ただし、土日のみです。24日の金曜日の午後にお邪魔してみましたので、このレポートは雰囲気やカフェメニュー中心です。

P1000043

中に入ってちょっとびっくりしたのは、欄間の存在。採光・通風そして装飾のために、天井と鴨居の間に入れたこの隙間が、長年の暮らしの積み重ねによる「ほっとした」空間を演出してくれています。

P1000030

P1000034

縁側もカフェスペース。春先など、季節によっては窓辺での語らいも楽しめそう。

P1000012

お店の中には、昔ながらの電話機もお客さんを出迎えしてくれて、昔ながらの懐かしい空間を演出してくれていました。(残念ながら現役ではないそうです…)

P1000013

さて、お楽しみのカフェメニューのご紹介。自然食にこだわりをもつカフェならではのものがそろっています。

いくつかある中で今日のお楽しみは「沖縄産コーヒー(純国産/無農薬栽培)」。日本国内のコーヒー流通量の0.001%にしか満たない国産コーヒー。産地は沖縄でその歴史は95年。その中でもさらに無農薬栽培のものが楽しめます。

P1000015

一緒に楽しめるのは「焦がしクッキー」。

玄米を焙煎して粉にした玄米コーヒーをたっぷり使用し、さっくりと仕上げたクッキー。焦がした香ばしい風味と、玄米の舌触りが新しいおいしさ。

もちろんちゃんと認定証もありますよ。

P1000035

お店の中には、これまでの暮らしの営みの姿がたくさん。21世紀的に新しく整備されたところもあれば、昔ながらのものを残しているところも。たとえば、タイル張りの手洗い場。

P1000022

廊下にも昔ながらの雰囲気が。

P1000023

P1000029

街中の喧騒を離れ、薬王寺ならではの水と空気、そして各地から取り寄せた自然の実りを静かに楽しめるスポットとして、これから楽しみですね。

小規模でゆっくりとされているので、予約おススメです。また、曜日によってメニューが違うので、そのあたりもご留意ください。

お蕎麦カフェ古民家 こんさい館
住所:〒811-3124 福岡県古賀市薬王寺1054
TEL: 092−948−9090(予約推奨)
※木金はカフェメニュー、土日はそばメニュー。

古賀すたいる おすすめイベント


【記事を書いた人】
千鳥足 大人の事情で、今のところは顔出せず。 徳島県生まれ・福井県育ち。幼稚園から高校まで古賀にいたあと、茨城とか東京とか長崎とかで過ごしたのちに古賀にUターン。 趣味: 読書。遠藤周作とか吉村昭とか阿川弘之・阿川佐和子とかが好き。 お酒飲むのも大好き。

「【お店みせて】お蕎麦カフェ古民家 こんさい館(薬王寺)」への2件のフィードバック

  1. 本当に美味しかったです!
    そして、雰囲気も素敵。
    自分で運転して行く自信がない・・・(汗)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です