「野菜もりもり応援店」登録店の「こんさい館」さんのお野菜たっぷり『お蕎麦ランチ』を堪能してきました


古賀すたいる編集部が勝手におススメしている「野菜もりもり応援店」。

一言でいうと、「古賀で野菜をたくさん食べよう」「古賀市役所の保健師さんや管理栄養士さんたちのお墨付きのお店で」ということで、平成29年1月時点では古賀市内に12か所のお店が登録店として活動をしています。

古賀に暮らしていたり、古賀で働いている人が野菜を摂取しやすい環境をつくり、食生活の改善や生活習慣病の予防をしちゃおう!という行政と飲食店さんがタッグを組んでの取り組みです。(飲食店さんの登録募集中だそうですよ)

薬王寺の「こんさい館」さんも登録店

古民家と水そして街並みにこだわり、店主ご一家が選んだのは古賀・薬王寺。2015年6月からこの地で十割そば専門店として歩みを始めた「こんさい館」さん。

2015年7月にお伺いしたことがありますが、季節は流れ2017年1月にもう一度お邪魔することができました。

店内は、冬の日差しの中、炭の火鉢もあって、冬を冬らしく楽しむ装い。

この十割そば専門店の「こんさい館」さんも、おそばに加え古賀の新鮮野菜を活かした「お蕎麦(そば)ランチ」が、「野菜もりもり応援店」登録メニュー。

十割手打ちもりそば、利尻昆布つゆ、一本釣り鰹つゆ、季節の手作りお野菜料理3品、ご飯、デザート、そば湯からなるこのセット。

古賀の水で茹でた「そば」だけでも幸せな気分になるのですが

季節の手作りお野菜料理3品、ご飯も一緒にやってきます。この野菜のお料理こそが「野菜もりもり応援店」登録を成し遂げています。

お蕎麦(そば)ランチは、税込1650円。しかも数量限定で、予約優先。もともとお店自体も予約推奨・土日のみ営業ですが、しっかり堪能していただくには事前のご準備をお願いします。

野菜たっぷり

ちなみに、今回の記事のコンセプトは、「野菜もりもり応援店」。というわけで、野菜メニューに焦点をあててみると…

まずは「里芋・大根・じゃが芋の卵焼き、人参の煮物」。そして「菜の花の辛子和え」。

続いて「蕪(カブ)のすり流し汁」。

さらには「白菜のゆかり和え」。

春に向けたエネルギーをため込んだ冬の野菜たちが、私たちにとても魅力的な味をもたらしてくれています。旬を迎えた野菜のお料理は、机の上からも、口の中からも、私たちに語り掛けてくれています。

柳本さんご夫妻の愛情たっぷりな「お蕎麦(そば)ランチ」、みなさんもご賞味あれ~。

【お蕎麦カフェ古民家 こんさい館】
住所:〒811-3124 福岡県古賀市薬王寺1054
TEL: 092−948−9090(予約推奨)
土日のみ営業(11:30~16:30)※第3土日はお休み

西鉄バスで行く方は、「薬王寺バス停」から徒歩3分程度です~

※フェイスブックページもありますよー!季節感あふれる動画レポートが充実!

(Visited 4 times, 1 visits today)

【記事を書いた人】
千鳥足 大人の事情で、今のところは顔出せず。 徳島県生まれ・福井県育ち。幼稚園から高校まで古賀にいたあと、茨城とか東京とか長崎とかで過ごしたのちに古賀にUターン。 趣味: 読書。遠藤周作とか吉村昭とか阿川弘之・阿川佐和子とかが好き。 お酒飲むのも大好き。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です