「特定健診」を受診して「けんしん割」パスポートをゲット!結果説明会にも参加。保健師さんたちは怖くないよ!たぶん。


古賀市にお住まいで、古賀市の国民健康保険に加入していて、特定健診の対象になっている読者のみなさんは、特定健診はお済ですか?

古賀市内の飲食店さんなどが応援してくださっている「けんしん割」が始まっています。

早く特定健診を受けたほうが、いろんなお店を数多く回ることができますので、まだ申し込みをしていない方はお早めに。

かく言う私も、6月に特定健診を受診して、「けんしん割」のパスポートをゲット。これでお店をたくさん回って楽しもう!役得役得…

ヒドイ健診結果が出ていても、現実と向き合いましょう(汗)

私の健診結果、自戒を込めて恥を忍んで書きますけど、なかなかヒドイもので…

「太りすぎです。標準体重を元に減量してください。」
「定期的に検査を受けてください。」

ああヒドイ…。

(いちおう言い訳しておくと、これでも去年よりマシ、一昨年よりもさらにマシではあります…。どんだけひどかったんだ自分。)

思わず結果からは目を背けるところですが、オレンジの封筒の中には、結果説明会の案内も。行間に「みんなで見たら怖くない」って呼びかけを感じます。(※あくまで個人的な受け止め方です。)

「古賀すたいる」の中の人的には、ここは結果説明会に行くべきだろう!ネタにしないと!という意識もあり、また、「古賀すたいる」のエライ人からも「さっさと行ってこいや」という圧力も感じつつ、ついつい現実から目を背けていたところ…

そうすると「そんなこともあろうかと」って感じで古賀市の予防健診課の方から、私みたいにヤバい結果をたたき出したヤツにお呼び出しのお電話が… щ(゚д゚щ)カモーン  

さらには「けんしん割」の担当の保健師さんも、打ち合わせのたびに+(0゚・∀・) + ワクテカ +な感じで手ぐすね引いて「電話かかってきただろ。いつ来るんだ。」(意訳)と声かけてくださる始末…

そういえばチラシを作った時に、写真撮影に応じてくださった職員さんが「保健師さんは怖くないヨ」って言っていたな…そんな記憶を頼みに、思い切って結果説明会に行ってきました。

あきらめて意を決して結果説明会に行ってきた

そんなわけで予約をお願いして結果説明会に行ってきました。
怒られるんじゃないかと((((;゚Д゚))))ガクガクブルブルしながら。

結論から言うと、怒られたりしません。ただし、現実を突きつけてくださり、自分自身と向き合うことができる時間を作ってくださいます。

いわゆる「戦わなきゃ現実と」ということですが、単に徒手空拳で無謀なダイエットや体質改善に送り込まれるのではなく、健康上の未来を創るための科学的なアドバイスをいろいろともらうことができました。

個別相談の中では、管理栄養士さんが特定健診の結果に基づいて、これまでの経過を踏まえて現状の食生活や運動の状況を確認の上、科学的なアドバイスをしてくれます。

特定健診を受診した6月の段階で体重78kg。(※これでも減少傾向)
でも骨格がある程度完成した18歳の時は63kg。

ざっくり概算の標準体重の出し方として、「身長の2乗に22を掛ける」という公式?があるようです。私の身長が170cmなので、1.7×1.7×22=63.8ということで、これが私の標準体重だそうです。

これを、食事の量と内容を見直して体重を減らす方法と、運動を増やして体重を減らす方法の2つをそれぞれ計算してシナリオを一緒に考えてくださいました。

食事ベースの考え方は、63.8kgの人がちょうどバランスよく体形を維持するのに必要な、一日あたりに摂取が必要なカロリーは1,717kcalが目安量になります。そうすると、食べ過ぎ飲み過ぎなのが明らかに。この摂取量を減らすか、または運動して燃やしてしまうかということであります…。

とりあえず現実的に「食事量を減らして、運動を増やす」という重ね合わせを選択。また、とりあえず今日から6か月後を期間として、現実的なものとして4kg減を目標として設定することに。とりあえず一日あたり155kcalを減らすようにすればいいようです。(動揺して「とりあえず」が続いていますが、とりあえず気にしないでください。)

特定健診の結果に基づいて、保健師さんや管理栄養士さんが必要に応じて個別にこうしたアドバイスをしてくれる結果説明会と個別相談。ここまで対応してくれてなんと自己負担額500円。しかも「けんしん割」つき。

いやまぁ日常から気を付けて、お呼び出しをいただかなくても済むようにしておけば、「けんしん割」だけを堪能できるのでしょうけどね。でも、健康ですよという特定健診の表面的な結果を自分だけで受け止めるのではなくて、加齢に伴う変化を指摘してもらったり、さらにこれから10年先を見越した食事や運動についてアドバイスをもらったりするいい機会になるのかもです。

ちなみにこれは「特定保健指導」のうち「動機づけ支援」らしい

こういう結果相談会とその後の個別相談は、専門用語で「特定保健指導」というらしいです。

私の場合、ウエストが90あり(汗)、BMIが27あり(滝のような汗)、指摘事項が1個ありつつも喫煙習慣はないので、下の図のチャートに基づいて「動機付け支援」というメニューに行きつきました。

「積極的支援」ってなんだろう((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

個人的にはなるべく「動機付け支援」から「情報提供」に移行し、いずれはそもそもお呼びがかからないようにしたいところですが、あまり焦らずに管理栄養士さんのアドバイスを活かして健康にいっそう注意を図ってみようと思うところです。

読者の皆さんの体験談もお待ちしてまーす

(Visited 5 times, 1 visits today)

【記事を書いた人】
千鳥足 大人の事情で、今のところは顔出せず。 徳島県生まれ・福井県育ち。幼稚園から高校まで古賀にいたあと、茨城とか東京とか長崎とかで過ごしたのちに古賀にUターン。 趣味: 読書。遠藤周作とか吉村昭とか阿川弘之・阿川佐和子とかが好き。 お酒飲むのも大好き。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です